垂水教会のあゆみ


昭和 5年 日本伝道隊御影聖書学舎塩屋に移る。
昭和 6年 公会堂を借りて大伝道会開く。
昭和 7年 「恵の家」を中心に塩屋、山田(舞子)に伝道を始める。
昭和 8年 小林弘、秋由通明修養生、伝道所で伝道を行う。
昭和 9年 垂水伝道所として、続清人御夫妻の家が用いられる。
昭和10年 秋山通明師、主任担当牧師となり自給独立し初代牧師となる。
昭和12年 秋山師、支那事変に出征される。
昭和15年 小島伊助師主管牧師に就任。故関徳太郎師副牧師として就任さる。
昭和16年 キリスト教三十四派は統一され垂水教会も日本基監教団垂水教会となる。
昭和17年 小島伊助師と関徳太郎師辞任。
昭和18年 中平章市師後任者に就任。
昭和20年 中平師病気のため沢村五郎師に一任して辞任され、三島常夫師は副牧師就任
昭和21年 芥川詮夫師伝道に協力された。
昭和23年 三島師、トミ子夫人と結婚された。
         霞ケ丘、天の下、瑞穂、旭ケ丘、舞子に家庭集会が盛んになる。青年会発足す。
昭和24年 教会堂建築の幻が与えられる。
昭和25年 教会臨時総会で「教会堂建築の件」が可決。
        教会の土地一七〇坪購入。
        新会堂を献堂。壮年会が発足する。クリスマスの夜始めて「燭火礼拝」をする。
昭和26年 礼拝出席平均百十一名、受洗者四十五名
昭和27年 日本イエス・キリスト教団に加入した。
昭和28年 教会堂南側に納骨堂(天上の教会)完成。
昭和30年 家庭集会が東垂水、瑞穂、瑞ケ丘旭ケ丘、霞ケ丘、舞子で月三回行われる。
昭和32年 四月、中塚梅子師(現小山恒雄師夫入)婦人伝道師として赴任される。
昭和33年 中塚師を送り、小島十二、喜美子師一を迎える。
昭和34年 一三島常夫師を尼ケ崎に送り中島彰、ふかえ師を迎える。
昭和36年 伝道所(現西垂水郵便局所在地)を売却し、会堂改築が賛成多数で可決。
昭和37年 新会堂献堂式挙行。ルーク師により舞子団地の集い始まる。
昭和38年 舞子墓園に教会墓地購入。各地区は組組織に変更された。
昭和39年 小島十二師を礼拝美園教会に送り、小倉望師を迎える。
昭和40年 小倉望師を西宮聖愛美会に送り、鍋島猛師を迎える。
昭和41年 信徒聖書学校開く
昭和42年 鍋島師を札幌美園教会に送り、工藤弘雄師を迎えた。
昭和43年 奥平禎子師舞子専任伝道師となられる。
        工藤師、須美子師と結婚される。
        沢村師、百々枝夫人金婚式。最初のキヤラバン伝道派遺。
昭和44年 舞子教会建設臨時総会で決定。
昭和45年 奥平禎子師を大原会に送り山田拡誉、治子師を迎え、舞子伝道所の任につく
昭和46年 第4回キャラバン隊が西舞鶴、峰山、天の橋立、但馬福音を訪問。
昭和47年 舞子教会創立総会を開く(於舞子伝道所)垂水教会より株分創立。
昭和48年 ルーク師協力宣教師になられる。工藤弘雄師、関西聖書神学校学監として送る。
昭和49年 岸本紘師を副牧師として迎える。
昭和50年 六月ルーク師オーストラリヤに。
昭和51年 岸本紘師米国留学。森文彦師主管牧師に就任。松井初美伝道師着任
昭和52年 沢村五郎師(満九十才)昇天される。
昭和53年 松井師辞任される。三月、若槻みち代伝道師着任。