新着情報
2020-09-08
9/8現在の県内の感染状況の推移を踏まえ、9月20日以降、礼拝式、祈祷会を再開します。
今後も最大限の注意を払いつつ、ご出席をお願い致します。なお、礼拝の動画配信、音声CDの配付も
継続実施いたします。

1.礼拝式:9月20日以降、下記のとおり、2回に分けて、礼拝式を持ちます。
なお、初めてお越しになられる方、求道中の方は、ご都合に合わせて、ご出席下さい。
【開催時間と教会内グループ分け】
①第一礼拝: 9時~10時(この際、礼拝録画を撮影し、YouTubeへ掲載します。)  
       1~6組の方はこちらへご出席下さい。
②第二礼拝:11時~12時  
       7~10組と阪神地区の方はこちらへご出席下さい。
 *ご都合により、異なる時間帯の礼拝に出席されることも可能です。
 *教会車両による送迎は、感染リスク削減の面から、当面休止のままといたします。

2.祈祷会:9 23日(水)より、午前10:30~11:30の間、礼拝堂にて開催いたします。

3.教会学校
①幼稚科・小学科:9:00~10:00、地階多目的室(カナ)
②中高科:第1礼拝終了後、10:10より、2階小礼拝堂(ゲッセマネ)にて分級を開催します。

4.来会に際してのお願い
①備え付けのアルコール等で、手の消毒、手洗いを徹底願います。(来会直後、帰宅前、帰宅後)
②マスクの着用を徹底願います。
③座席は前後左右を空けて、お座り下さい。(空き席とすべき位置に掲示を行います。)
④母子室(小礼拝堂)では、「3密」にならないよう、入口の扉を開放して下さい。
⑤ご来会の前に検温を行い、少しでも発熱や体調の悪い場合には、出席を見合わせて下さい。
⑥会話は、2m程度の距離を確保して下さい。

*なお、9/20までに、県内の感染状況に著しい増加等があった場合には、再度、見直しを行う可能性はあります。
その場合、この新着情報を更新致します。
2020-07-24
兵庫県、及び近隣の府県感染状況を注視しておりますが、当教会は万全を期すため、
7/26の礼拝式より、5/21「緊急事態宣言解除」前の体制に一旦戻します。具体的には、下記のとおりです。

1.礼拝式は、小平牧師とスタッフのみで行います。
 これまでどおり、このホームページに記載のリンクから、YouTubeを通じて動画配信を行います。
 (当日10:30を目処にアップロードいたします。)

2.教会学校も、上記の動画による礼拝をご家庭でお持ち下さい。

3.祈祷会としての小平牧師の奨励も、祈祷会のページ記載のリンクからご覧下さい。

2020-06-13
教会学校、中高科の開催要領を下記のとおり、変更致します。

1.幼稚科・小学科:6月7日以降 9:00~10:00、地階多目的室(カナ)
2.中高科    :6月14日以降 第1礼拝終了後、10:10より、地階会議室(エルサレム)にて分級を開催します。
2020-05-30
教会学校を下記の要領で再開致します。

1.幼稚科・小学科:6月7日以降 9:00~10:00(カナ)
2.中高科    :6月7日以降 第2礼拝終了後、礼拝堂にて分級を開催します。
2020-05-21
県内の「緊急事態宣言」が解除されたことを受け、5月24日以降、礼拝式、祈祷会を再開します。
「第2波、第3波が到来する可能性も高い」とされておりますので、今後も最大限の注意を払いつつ、
ご出席をお願い致します。なお、礼拝の動画配信、音声CDの配付も継続実施いたします。

1.礼拝式:5月24日以降、下記のとおり、2回に分けて、礼拝式を持ちます。
なお、初めてお越しになられる方、求道中の方は、ご都合に合わせて、ご出席下さい。
【開催時間と教会内グループ分け】
 ①第一礼拝: 9時~10時(この際、礼拝録画を撮影し、YouTubeへ掲載します。)  
       1~6組の方はこちらへご出席下さい。
 ②第二礼拝:11時~12時  
       7~10組と阪神地区の方はこちらへご出席下さい。
 *ご都合により、異なる時間帯の礼拝に出席されることも可能です。
 *教会車両による送迎は、感染リスク削減の面から、当面休止のままといたします。

2.祈祷会:5月27日(水)より、午前10:30~11:30の間間、礼拝堂にて開催いたします。

3.来会に際してのお願い
 ①備え付けのアルコール等で、手の消毒、手洗いを徹底願います。(来会直後、帰宅前、帰宅後)
 ②マスクの着用を徹底願います。
 ③座席は前後左右を空けて、お座り下さい。(空き席とすべき位置に掲示を行います。)
 ④母子室(小礼拝堂)では、「3密」にならないよう、入口の扉を開放して下さい。
 ⑤ご来会の前に検温を行い、少しでも発熱や体調の悪い場合には、出席を見合わせて下さい。
 ⑥会話は、2m程度の距離を確保して下さい。

4.その他
  教会学校の再開につきましては、決定次第、掲載いたします。
2020-05-15
兵庫県からの休業要請が、5/16より一部施設で解除されることが発表されましたが、当教会では、万全を期するため、
当面は新しい情報があるまで、下記の対応を継続いたします。
1.礼拝式は、引き続きこのホームページに記載のリンクから、動画配信を行います。
  (当日10:30を目処にアップロードいたします。)
2.教会学校も、上記の動画による礼拝をご家庭でお持ち下さい。
3.祈祷会としての小平牧師の奨励も、祈祷会のページ記載のリンクからご覧下さい。
2020-04-30
現時点での国内の感染状況を踏まえ、5/3~5/31も下記の対応を継続いたします。
1.礼拝式は、引き続きこのホームページに記載のリンクから、動画配信を行います。
  (当日10:30を目処にアップロードいたします。)
2.教会学校も、上記の動画による礼拝をご家庭でお持ち下さい。
3.祈祷会としての小平牧師の奨励も、祈祷会のページ記載のリンクからご覧下さい。
2020-04-21
新型コロナウイルス対応として、祈祷会奨励動画の掲載も開始いたしました。
祈祷会奨励のページからご覧下さい。
2020-04-04
新型ウイルス対策としての「4月月間予定表」を掲載いたしました。
2020-03-29
現状の感染拡大の状況を踏まえ、下記のとおりといたします。
1.礼拝式は、引き続きこのホームページに記載のリンクから、動画配信を行います。
2.教会学校も、動画による礼拝をご家庭でお持ちいただきます。
3.4/12イースター記念礼拝も、上記のとおりといたします。
2020-03-21
今回の新型ウイルス感染拡大の状況を踏まえ、3/22、3/29の礼拝は、小平牧師とスタッフのみで行います。
録画のネット配信は、両日の夕方、YouTubeを通じて行います。リンクはこのホームページをご覧ください。

4月以降の礼拝に関しては、状況を確認しながら、判断いたします。
2020-03-15
毎年、多くの方にご出席いただいております ”イースター音楽のつどい”は、
新型ウイルス感染防止対策のため、残念ながら、今回は中止といたします。
2020-03-13
新型ウイルス感染拡大を踏まえ、当分の間、「教会学校」を休校致します。
再開の予定が確定次第、ご案内致します。
2020-03-07
新型ウイルス対策に万全を期すため、当面の間、水曜日の祈祷会は休会と致します。
2020-02-22
ご来会の際、地階と1階正面玄関の入り口の手前に、アルコールを設置します。
会堂内にお入りになる前には、必ずお手の消毒をお願いいたします。
また、少しでも体調が悪い、と感じられましたら、ご来会をお見合わせ、ご自宅でご静養ください。
2020-01-31
1月25~26日、日本イエス・キリスト教団 香登教会牧師、工藤弘雄先生をお招きして、
「2020年新年聖会」を開催しました。
当日のメッセージは、メニューからご覧ください。
2020-01-11
2020年1月3日、天国に帰られた当教会員のピアニスト、工藤真史さんの足跡を綴った動画です。
全力で生き抜いたひとりのクリスチャンの人生です。
メニューからご覧ください。
2019-11-11
ホームページをリニューアルいたしました。
毎週の礼拝メッセージ等を順次掲載してまいります。
2019-10-27
2019.10/26-27、秋季特別伝道集会を開催いたしました。多くの初めての方にお越しいただき、感謝です。
当日の集会の概要は下記のとおりです。

2019秋季特別伝道集会 小菅先生メッセージ

10月26日(土)午後「あなたはどこにいますか」創世記3:1~11

 「あなたはどこにいるのか」。これは神に背き、神を避けて身を隠した人間に語られた言葉。
神は当然人がどこにいるのか知っておられるが、これは、そこに居続けたら永遠の滅び、危険だからでておいでと。
大丈夫だから出ておいで、あなたがいないと寂しい、あなたと共に歩みたいという言葉。罪ゆえに人は死とさばきが定まっている。
滅び行く罪人が滅びないように、神はそのひとり子イエス・キリストを十字架につけられ、その流された血により、
あなたの罪を赦し、きよめ、神の許に帰ることができるようにされた。
キリストにより神の許に帰ろう。


10月27日(日)午前「あなたはここでいいのです」Ⅱコリント12:7~10

「わたしの恵みはあなたに対して十分である」と。
私たち罪人の代わりに十字架にかかり死んでよみがえって下さったイエス様こそが私たちに対する恵み。
生きる望みを失い、弱さのどん底から神に叫んだとき、「わたしの恵みはあなたに十分である」と語られる
イエス・キリストと出会った。
何の功無き者、弱き者もこのイエス様の御許に行こう。このイエス様と一つにされることが救いであり、力である。


10月27日(日)午後「あなたはどこにいくのですか」ピリピ3:17~21

 キリストの復活にどんな意味があるのか。人間の死の現実。
死のある人生はいやだと思って育ったが、自分が神の前に罪人であることがわかった。
神の方を向いて悔い改め、こんな罪人のかしらのために死んで下さったキリストの十字架を信じた。
この十字架によって罪人は救われる。
この十字架に敵対する者の最後は滅びであるが、キリストの十字架を信じる者の行き着く先は
「わたしたちの国籍は天にある」とあるように天の御国である。
肉体は死を迎えても、キリストが復活したように朽ちることのない栄光の体をもってよみがえるのである。
キリストを信じ、天の御国を目指して歩んで行こう。